このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  その他のトイカメラ  >  LOMO カラースプラッシュカメラ

カラースプラッシュカメラ

LomographicSosiety カラースプラッシュカメラ

日中に撮影することを前提にしている物が多いトイカメラの中で、暗いところでのフラッシュ&長時間露光撮影を前提にしているのがこのカラースプラッシュカメラ。

LOMOといってもLOMO LC-Aを世界的に広めたLomographicSosietyInternationalが開発、販売している変り種トイカメラです。 世界のロモグラファーが愛してやまないLC-Aを使っての長時間露光という撮影方法、ホットシュー接続のフラッシュ開発と相まって全く新しいコンセプトで開発、制作されたカメラなのです。

その特徴は、貝殻をイメージしたレトロでSFチックなデザインと、平面ではなく立体的なフラッシュが作り出す、付属のカラーフィルムを取り替えることにより最大12色のからフラッシュによる非現実的な光の世界。カラーフラッシュはリボルバー式のカラーホイールを回転させてあらかじめセットしておいた4色のカラーフラッシュを切り替えて楽しめます。

瞬間露光と長時間露光は、シャッター脇にある小さなハンドルで切り替えられます。瞬間露光の場合は、シャッターボタンを押すと同時にシャッターが切れ、フラッシュが同時に発光。 長時間露光の際は、シャッターボタンを押している間はシャッターが開きつづけるバルブ撮影。ボタンを離すと同時にシンクロ、フラッシュが発光する仕組みです。

日常の風景をありえない色の光で、わざとカメラを動かしてブレさせたり。 人や物を取るのではなく、光を撮るカメラ。楽しみ方はいろいろですね。

その他のスペック
使用するフィルム: 35mm(135)フィルム
シャッタースピード: B(バルブ)・1/125 (撮影時に切替)
フォーカス設定: 1.2m〜無限遠
サイズ: 155×32×75mm
電池: 単3乾電池1本



Pink Splash

ピンクのカラースプラッシュカメラは、アメリカの Lomographic Society International 内LOMOSHOPにて販売中。欲しい方は個人輸入で


前
ニャーニャーHOLGA
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
Paper Pinhole Camera (LSI)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック