このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ZENIT 35F (ゼニット 35F)
LOMO社が作ったコンパクトカメラ。 SMENA(スメナ)と LC-A を結ぶ貴重な存在。

ZENIT35F

カメラの名前は「ZENIT 35F」ですが、ロモ社が製造したコンパクトカメラ。同じLOMOが製造していた、ご存知 LC-A にも「LOMO」の表記の変わりに「ZENIT」と書かれたバージョンがありますが、OEM供給品なのかどうかは不明です。
大きさはそのLC-Aより一回り大きいくらいで、SMENA8Mとほぼ同じくらいの大きさ。表面はスチール製でかなりがっしりしています。
(ちなみに、写真の私が入手した赤いボディはめずらしく、ブラックのボディが主流のようです。)

このカメラの最大の特徴は、SMENAとLC-Aを結ぶ貴重な存在であるということ。
LOMO LC-A は COSINA CX-2 という日本製コンパクトカメラを模写して作られたということを知っている人は多いと思いますが、ZENIT 35F は模写される前のLC-Aの他形態とも言えます。
外観は全然違いますが、レンズカバー、フィルムカウンター、巻き戻しレバーなど、LC-Aと共通と思われるパーツが多数使われています。
また、レンズはminitar。LC-Aの minitar 1 と非常によく似た(あるいは同一)のレンズで、面白いほどトンネルエフェクトも堪能できます。
使用感はきわめて良好。 SMENAのようなマニュアル感と、LC-Aのような軽快さの不思議なバランスで、シャッターを切る回数が自然とどんどん増えてしまいます。

ZENIT35F

使用するフィルムは一般的な135(35mm)フィルム。フィルム感度はISO 100/200/400が設定できますが、実はこれは絞りの設定なのでISO 100のフィルムを入れても必ずしも同じ100で設定せず、情況に応じてカメラ側を200などに設定して撮るなどがお勧めです。晴天の日などはそのままの設定で撮ると露出オーバーになる傾向があります。
ソビエトカメラには珍しくフラッシュも内臓。電池も一般的な乾電池(単三)なので、汎用性ばっちりです。
フォーカスは1.5m〜無限遠をカバーするパンフォーカス。しかもLC-Aでばっちりフォーカスした写真のようにくっきりはっきり写ります。

一般に150万〜200万台製造されたと言われるLC-Aとは異なり、このカメラは約75,000台が製造されたのみで、きわめて貴重なカメラとなってきているようです。
手に入れるのも難しくなってきていますので、中古カメラ屋さんに相談したり、オークションなどを探し回るなどする必要がありそうです。

実売価格 不明

その他のスペック
レンズ:MINITAR 35mm
シャッタースピード:1/125 単速
絞り:F5.6/8/11相当(フィルム感度設定による設定)
使用するフィルム: 135(35mm)フィルム
フォーカス設定: パンフォーカス(1.5m〜∞)
フラッシュ: 内臓
電池:単3電池x2
サイズ: 47mmx34mmx94mm
重量: 60g

カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
JELLY CAM (ジェリーカム)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック