このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  SEAGULL 4B-1  >  SEAGULL 4B-1 : フィルムの入れ方

SEAGULL 4B-1 にフィルムを装填します。
使用するのは、ブローニー(120)フィルムです。 6x6サイズの写真を撮るためのセッティングです。

 

まず、カメラ底面にあるロックディスクを回して裏蓋を開けます。
ロックディスクを回すためには、セーフティレバー(上記丸印)を押しながらディスクを反時計回りに、ディスクに記載されている矢印が「O」の位置まで回します。

ロックが外れると裏蓋がパカッと開きます。

裏蓋を開けたら、カメラ上部のフィルム室にフィルム巻取り用のスプールをセットします。
セットするときはフィルムセット用ノブを指で引き出しながらセットしてください。
(上の写真では、6x4.5フォーマット用のマスクがついています。6x6フォーマットで撮る際には、このマスクを取ります。)

次に反対側(カメラ底部)のフィルム室にフィルムをセットします。
フィルムをセットする時も、先程のスプール同様にフィルムセット用ノブを指で引っ張りながらセットしてください。

フィルムがセット出来たら、端を引っ張り出します。
少し多めに引っ張り出すのがコツです。

引っ張り出したフィルムの先端を、先程セットしたフィルム巻取り用の空スプールにある溝の部分に差し込みます。
奥までグイッと差し込んでください。 この時、フィルムは少し余裕があるくらい引き出しておくとこの後の作業がスムーズです。

フィルムの先端がスプールの溝から抜けないように注意しながら巻き上げノブをゆっくり回していきます。
フィルム背面に印刷されている「START」の文字が出てくる辺りまでノブを回して行きフィルムを送ります。
この時、フィルムがゆがみ、タワミ無くまっすぐに送られていることを確認しながら作業を行ってください。

フィルムの裏面に「START」の文字が見えるくらいまでフィルムを送ったら、裏蓋を閉じ、ロックディスクを回して裏蓋をしっかりロックしてください。
ロックディスクは開けたときとは逆に時計回りに回し、表示の矢印が「C」の位置に来て「カチッ」と音がしてセーフティレバーが持ち上がるまでしっかりと回してください。

最期に、フィルムを撮影可能な位置まで再度送ります。
カメラ背面のフィルム枚数確認窓(赤窓)を見ながらゆっくり巻き上げの部を回していきます。
赤窓は2つありますが、今回は6x6サイズの写真を撮りますので、上記丸印の赤窓を見ます。
フィルムをゆっくり送っていき、最初のコマである数字の「1」が見えたらフィルム装填完了です。

巻き上げノブはあまり早く回すと、「1」を見逃してしまうことにもなりかねません。 あせらずゆっくり回しましょう。

 

 

 

前
SEAGULL 4B-1 : 各部名称
カテゴリートップ
SEAGULL 4B-1
次
SEAGULL 4B-1 : フィルムの取り出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック