このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  フィッシュアイカメラ  >  フィッシュアイ・カメラ : フィルムの入れ方

フィッシュアイカメラのフィルムの入れ方ですが、一般的なコンパクトカメラと大きな違いはありません。
が、慣れるまでこれがかなり難しい・・。フィルムを送る先のスプールにフィルムがうまく引っかかってくれないのです。
フィルムを入れた後は、ちゃんとコマカウンターが動いているかを確認しましょう。

fef_01.jpg

まず、本体側面のレバーを下に下げてカバーを開きます。

fef_02.jpg

カバーを開いたところ。なんとなくプラモデルカメラのフィルム室と似てますが、右側のフィルム室にはフィルム止めの金具などもついていてしっかりしたつくりになっています。

fef_03.jpg

左側にある巻き戻しクランクを指で上に引き上げます。

fef_04.jpg

左側のフィルム室に、用意した35mmフィルムを上の写真のように入れ、引き上げていた巻き戻しクランクを下に押し込みます。フィルムの先を右側のスプールまで引っ張り出します。

fef_05.jpg

fef_06.jpg

さて、ここからちょっと慣れが必要です。
引き出したフィルムの先端から2つ目の穴を上の写真の部分(右側スプールの突起部分)に引っ掛けてフィルム送りダイアルを回し、スプールに巻いていきます。しかし、この突起がとても浅くて最初のうちはなかなかうまく引っかかってくれないかもしれません。

fef_07.jpg

コツは、写真のように右手の親指でフィルムをしっかり抑えながら左手でダイアルを回すこと。ダイアルをしばらく回すと回らなくなるので、シャッターを切り、またダイアルを回す・・を2回程度繰り返します。その間、右手の親指はずっとフィルムの上を抑えながら指を滑らすように固定しておきます。

また、フィルムがカメラ中央にある歯車部分(フィルム送りギア)を回しているか確認しておきます。
(フィルム送りダイアルを回して止まるところがなければこの歯車がちゃんと回っていない可能性があります。)

fef_08.jpg

きちんとフィルムが装着できたら、そっと裏ぶたを閉じます。この時、せっかく巻いたフィルムが緩んでしまうことがあるので注意します。蓋を閉めてフィルム送りダイアルを回してシャッターを切り、またダイアルを回す・・を数度繰り返します。

fef_09.jpg

本体上部にあるコマ数カウンターが、最初のコマである「1」の所にくれば、撮影準備完了です。
このコマ数カウンターが回っていないときは、フィルムの装填がきちんと出来ていません。
もう一度蓋を開けてやり直してください。


前
フィッシュアイ・カメラ : 仕様
カテゴリートップ
フィッシュアイカメラ
次
フィッシュアイ・カメラ : 撮影のTIPS

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック