このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  フィッシュアイカメラ  >  フィッシュアイ・カメラ : 紹介

Lomographyから発売されている、魚眼(超広角)レンズのfisheye(フィッシュアイ)カメラ
まるで魚の目で世界を見たように、広い範囲をぎゅっと凝縮した写真が撮れる遊び心満載のトイカメラです。

Lomography FishEyeカメラ

トイカメラの中では大口径と言えるレンズは4層。しかもガラスレンズ。仕方がないとはいえ、レンズがちょっと重くてカメラを構える際のバランスがあまり良くありません。うっかり落として壊してしまわないようにしっかりと持って撮りましょう。

このfisheyeカメラの魚眼レンズは可視範囲角170度! 人間の肉眼での視野角度とほぼ同等の範囲らしいのですが、実際に撮ってみると普段目で見ているよりもずっと広い!と感じる範囲が四角いフレームの中に円形のイメージで映し出されます。

フラッシュも内蔵されているので、屋内でも撮影できますね。ただし、レンズ部が大きくてフラッシュを発光させた際に影を作ってしまう可能性があるので、フラッシュ撮影の際には撮りたいものに垂直にカメラを構えるほうが良いと思います。

Lomography FishEyeカメラ

外装はコンパクトでオーソドックスなデザインに豪華な(!?)合皮張り。デザインだけでなくこの合皮の部分が指の滑り止めにもなっていい感じです。日本国内ではブラックしか販売されていないようですが、その他の国ではシルバーのカラーバリエーションも販売されています。SuperSamplerのようにいろんなカラーが今後販売されると面白いと思うのですが・・。


カテゴリートップ
フィッシュアイカメラ
次
フィッシュアイ・カメラ : 仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック