このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  ハリネズミカメラ  >  ハリネズミカメラ : 紹介

ハリネズミカメラ

1辺3cm足らずのキューブ型、とっても小さいトイカメラ。通称ハリネズミカメラ。レンズの上に描かれたハリネズミのイラストがキュートです。
フィルムを装填していなければ(装填してても・・?)カメラだとすぐに気づく人もそう多くはないのでは?

ハリネズミカメラ フィルム装着済

ただし、フィルムを装着すると少しだけ大きくなります。使用するのは110フィルム。装着するとフィルムのカートリッジ部分がそのままカメラ本体のグリップ部のようになり、手で持ちやすくなります。

カメラ本体の上部には、とてもチープな感じのキーホルダーがついています。でも、この手のキーホルダーは金具がとても弱いのであまり使用するのはお勧めできませんね・・。かばんにつけてたらいつのまにかなくなってた・・なんて事がないように、キーホルダーのことは忘れてしまいましょう。

正面のレンズにはスライド式のレンズカバーがついていて、一応レンズを保護しています。スライドレバーを上にスライドさせるとレンズカバーが開くと同時に上部に役に立ちそうにないファインダーがニョキっと出て撮影可能になります。 取り扱い説明書には、「レンズカバーが閉じているとシャッターが押せません」と書いてありますが、僕のは閉じたままでもばっちり押せてしまいました・・・。
【これは「仕様」らしいです。 レンズカバーがあがっていなくてもシャッターは押せちゃうみたいです。当然なにも写りませんが・・・】

レンズやシャッタースピードなどは全く不明。見たところレンズはプラスチック、かなり暗そうです。トイカメラらしく晴れた屋外での撮影以外では光量不足となりそうです。

ピントは当然あわせる必要がないパンフォーカス。ただし、被写体まで1m以上の距離が必要です。

ハリネズミカメラ

または、青山ブックセンターやビレッジバンガードなど一部の提携店舗で店頭販売されています。


カテゴリートップ
ハリネズミカメラ
次
ハリネズミカメラ : イキモノシリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック