このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  プラモデルカメラ  >  プラモデルカメラ : シャッター対策

プラモデルカメラを組み立てる前に。
できればシャッターがよりスムーズに動作するように、少し細工をしておきましょう。

プラモデルカメラはそのまま組み立てても問題がない場合もありますが、中にはシャッターボタンを押してもうまくシャッターが下りないときがあります。 ボタンを押すと「カチャッ」と音はするけどシャッターが中で引っかかってうまく下りていないことがあります。 それに気づかないでいると、フィルムを撮り終えて現像に出してから初めて撮れていなかったことに気づくことにもなりますので、できれば組み立てる前にちょっと対策をしておいたほうがいいと思います。

placam_cut.jpg

こういう問題が起こる理由は、プラモデルカメラのボディーパーツが内部を抑える力が強すぎるために、強い圧力のかかっている中のシャッターユニットがスムーズに動かなくなってしまうことに原因があります。

それを避けるために、ボディー(前面)パーツの裏側、上図のオレンジ色でハイライトした部分にあるプラスチックの爪(出っ張り)をほんの少しカットしておきましょう。
ニッパーなどで、1mm位ずつ短くしておくだけで十分です。 深くカットしすぎても問題はないと思いますが、念のため「少しずつカットしておく」程度で、全部切り取ってしまわないほうが良いと思います。

これで組み立てたあと、ボディー裏側のこの出っ張りの部分が必要以上に内部を押さえつけることがなくなり、シャッターユニットがスムーズに動くことができるようになります。

是非お試しください。

前
プラモデルカメラ : 購入する
カテゴリートップ
プラモデルカメラ
次
プラモデルカメラ : フィルムの入れ方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック