このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  SMENA 8M  >  SMENA 8M : フィルムの入れ方

フィルム装填の仕方です。
SMENA8Mで使用するのは、一般的な135(35mm)フィルムです。

まず、裏フタを開けます。 カメラ側面のスライドレバーを指で下に下げ、裏フタ部分を持ち上げると上写真のように開きます。

次にフィルムを左側のフィルム室に入れます。 フィルムの向きを間違えないように注意してください。

フィルムの先端を少し引き出し、上写真のようにカメラ内部右側の「フィルム巻き取りスプール」の溝部分に差し込みます。
このスプール溝には小さな爪がついていますので、フィルムの穴の部分がうまく引っかかるように差し込んでください。

フィルムの先端がスプール溝から抜けないように注意しながら、カメラ右上部のフィルム巻上げダイアルを上写真の矢印の方向に回してフィルムを巻き取っていきます。 この時注意したいのは、SMENA8Mのフィルム巻き取りスプールは取り外しができるようになっているため巻上げダイアルを回しているとスプールがすぐに外れそうになります。 上写真のように、スプールの端を軽く抑えながらダイアルを回すと作業がスムーズになります。

フィルムダイアルは写真1コマ分回すと回らなくなりますので、一度シャッターを切ってやる必要があります。
SMENA8Mは普通にシャッターボタンを押すだけではシャッターは切れません。まず、カメラ前面のレンズ部にあるチャージレバー(上写真参照)を矢印の方向に下にグイッと倒します。次にカメラ上部のシャッターボタンを押すと「カチャ」とちょっと頼りない音がしてシャッターが切れます。
シャッターを切ると再びフィルム巻上げダイアルが回るようになりますので、先程と同じ手順でフィルムを送ってください。
この作業を、フタを開けたまま1〜2度行い、カメラの中でフィルムがきちんと送られているかを確認してから裏フタを閉じます。

まだこのままではフィルムが最初の撮影できるコマまで進んでいませんので、もう少しだけフィルムを送ります。
先程と同じ手順で、「シャッターチャージレバーを倒す」「フィルム巻上げダイアルが止まるところまで回す」「シャッターボタンを押す」を1度行い、カメラ背面にあるフィルムコマカウンター(上写真)を指で「0」の位置に戻します。
もう一度同じ手順を繰り返すと、カウンターがぐるッと回って目盛の半分の位置で止まると思います。これで1枚目の写真が取れる状態になりました。
(カウンターの目盛り1つは2枚目の目印です。間違えないように覚えておきましょう。)

前
SMENA 8M : 紹介
カテゴリートップ
SMENA 8M
次
SMENA 8M : フィルムの取り出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック