このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  LOMO LC-A  >  LOMO LC-A : ホットシューカバー代用

LOMO LC-Aは購入した時点でホットシューにカバーがついているものとついていないものがあります。 Lomography JAPAN から購入したものなどにはカバーがついていますが、並行輸入品などにはついていないものが多いようです。

カメラの機能、性能自体にはホットシューカバーは無くても全然困りませんが、メガネをかけている方はファインダーを覗く際に金属部分がめがねのレンズに当たってキズがつくことがあるようです。(私がメガネをかけないので全く気付いていませんでしたが・・)

そこで、LC-Aのホットシューカバーとして代用できて、金属部分がメガネと触れるのを保護してくれるものがあるようです。
代用できるのは、NIKONのBS-1というホットシューカバー。これはホットシューの後ろ(ファインダー側)をカバーするタイプなので、購入時にカバーがついていた方も、メガネを使用している方はこちらのカバーに取り変えたほうが安心かもしれません。

ただし、そのままでは出っ張りますので、先端を1ミリ程度削ったほうが良いそうです。これもうまくやれば、純正かと思うほどしっくりときます。

(情報提供: Chuuut! さん) Thanks!

 

前
LOMO LC-A : LC-Aで接写する(2)
カテゴリートップ
LOMO LC-A

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック