トイカメラに詳しいカメラ雑貨ショップ イコニガジェ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


ビギナーにおすすめ!
BONZART Lit
BONZART Lit

[デジタルカメラ]

BONZARTの人気トイデジ第2弾!

30万画素のCMOSで300万画素相当の写真が撮れるという変り種。

しかも撮れる写真はまるでオイルペインティングアートのようだというところが受けてます。

カラバリ豊富で見た目もCUTEなのが人気の秘訣。

Instax mini チェキ
Instax mini 8 チェキ

[フィルムカメラ]


ブーム再び!

携帯やスマホで写真を撮ることが多い最近、その場ですぐに現像して友達と一緒に楽しめるフィルム写真、『チェキ』が再び脚光を浴びています!

撮った写真をアルバム風に貼り貼りしたり、その場で友達にプレゼントするとすごく喜ばれますよ!
サイト管理/運営
各種お問合せはこちらから
iconiworks

このサイトに掲載されている記事および写真その他一切の無断転用・転載はご遠慮ください。
ToyCamera.INFO
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  LOMO LC-A  >  LOMO LC-A : LOMOは頑丈!?

トイカメラと呼ばれるカメラの中では、小柄ながらもその黒いボディーと、ずっしりとした重み、また手に触れた際のひんやりとした金属っぽい感触からかなり丈夫なカメラという印象を受けます。でははたして本当にそうなのか・・?

LOMO LC-Aは、一部では軍事用に開発されたカメラという「噂」がありますが、じつはこれは全くの「デマ」のようです。 LOMOというメーカーが以前軍事用のカメラを製造していたということはあるようですが、LC-Aは一般消費者向けに開発・製造された普及型カメラなのだそうです。

で、肝心のボディーの強度は・・・触った感触では金属のように思えるボディーの、実はほとんどの部分は硬質プラスチック製です。ですので、イメージよりもずっと強度も硬度も弱いものなのですね。

画像クリックでポップアップ拡大

上の写真は、私が実際に実験した際の結果です。(嘘です。誤って落としてしまいました。)
腰の高さ(およそ60センチ程度)から毛足の短い絨毯の上に落としてしまった際の破損ですが、打ち所が良くなかったのか、角が完全に割れて破片が飛んでしまいました。 その後その破片を接着剤でつけてそのまま使用していますが、それ以外は特に問題は起こっていません。
ただ、内部構造も決して頑丈とは言えない作りのようですので、取り扱いにはやはり十分注意したほうが良さそうです。

「LOMOは丈夫!」というイメージは捨ててしまいましょう。大切な宝物、丁寧に扱ってあげてください。



前
LOMO LC-A : フィルムの入れ方
カテゴリートップ
LOMO LC-A
次
LOMO LC-A : LC-Aで接写する(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック