トイカメラに詳しいカメラ雑貨ショップ イコニガジェ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


ビギナーにおすすめ!
BONZART Lit
BONZART Lit

[デジタルカメラ]

BONZARTの人気トイデジ第2弾!

30万画素のCMOSで300万画素相当の写真が撮れるという変り種。

しかも撮れる写真はまるでオイルペインティングアートのようだというところが受けてます。

カラバリ豊富で見た目もCUTEなのが人気の秘訣。

Instax mini チェキ
Instax mini 8 チェキ

[フィルムカメラ]


ブーム再び!

携帯やスマホで写真を撮ることが多い最近、その場ですぐに現像して友達と一緒に楽しめるフィルム写真、『チェキ』が再び脚光を浴びています!

撮った写真をアルバム風に貼り貼りしたり、その場で友達にプレゼントするとすごく喜ばれますよ!
サイト管理/運営
各種お問合せはこちらから
iconiworks

このサイトに掲載されている記事および写真その他一切の無断転用・転載はご遠慮ください。
ToyCamera.INFO
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  LOMO LC-A  >  LOMO LC-A : フィルムの入れ方

簡単だけど意外とここが重要で失敗することも多いLOMO LC-A のフィルムの装填。正しく丁寧にやれば後でフィルムが取り出せなくなったりすることは予防できます。

裏蓋を開ける

まず、LC-A の裏蓋を開けます。
上の写真のように巻き戻しクランクを上へ少し強めに引っ張ると蓋がパカッと開きます。

フィルムの準備

フィルムは135フィルム(35mmフィルム)を使用します。
コツは、フィルムの先端から2つ目の穴の中心線から半分に折っておくことです。
これでフィルムが入れやすく、またしっかりとギア部分とかみ合って確実にフィルム送りができるようになります。

フィルム装填

フィルムを上の写真にようにLC-A のフィルム室に入れ、巻き戻しクランクがきっちり収まるように下げます。巻き戻しクランクがフィルムの芯にきっちり収まるように気をつけてください。クランクが写真のようにきっちり収まっていることを確認してください。

フィルムギア部分

LOMO LC-A のフィルムは上記2ヵ所のギア部分で送られます。これらの突起にフィルムがしっかりとかみ合っていないと中でフィルムが空回りすることがあるので、この部分にフィルムがきっちりかみ合って回っているかを蓋を閉めるまで常に確認しておきましょう。

フィルムを引っ掛ける

次に先ほど先端部分を折っておいたフィルムを上の写真のように巻き上げノブの芯棒にある穴に引っ掛けるようにします。
これでがっちりと固定されて巻いてる途中で抜ける心配がありません。

蓋を開けたままで巻上げダイアルを回し、1-2度空打ち(シャッターを押して空の写真を撮る)してみて、フィルムの穴ががギアとちゃんと連動して正しく送られていることを確認してから裏蓋をパチンと音がするまでしっかりと閉めます。
(レンズカバーを開かないとシャッターは押せませんのでご注意。)

フィルム巻上げダイアルフィルムカウンター

フィルム巻上げダイアルをいっぱいまで回し、シャッターボタンを押して何度か空打ちします。
フィルムカウンターが「1」の表示になるまで空打ちを続けます。
その際に、フィルム巻上げダイアルを回しているときに、巻き戻しクランクも連動して回っていることを確認してください。これが回っていないと中でフィルムが空回りしている可能性があります。

「1」の表示が出れば、フィルムの装填は完了です。


撮り始める前に、カメラの設定も確認しておきましょう。

絞り設定

絞り設定レバーは必ず「A」の部分にあわせておきます。それ以外だとシャッターが下りません。

フィルム感度設定

フィルム感度も正しく設定しておきましょう。ちょっとダイアルが小さくて回しにくいですが、装填したフィルムの感度を正しく設定します。

前
LOMO LC-A : バッテリーチェック
カテゴリートップ
LOMO LC-A
次
LOMO LC-A : LOMOは頑丈!?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック