このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  HOLGA120  >  HOLGA by Polaroid  >  HOLGA by Polaroid : 紹介
※ HOLGA by Polaroid および ポラロイドホルダーはすでに生産が終了しています。
また、使用するピールアパートのポラロイドフィルムもすでに生産終了となっています。

HOLGAをインスタントフィルムで撮影できるようになるのが、この HOLGA by Polaroid 。
使用するHOLGA本体はそのままに、裏のカバーを外して別売のポラロイドホルダーに付け替えるだけで簡単にHOLGAのインスタント撮影が楽しめます。


使用するフィルムは、「ピールアパート」と呼ばれるポラロイドフィルムで、撮影後本体から引き抜いて一定時間(30〜90秒程度)待ったら写真をフィルムから剥がして完成。 写真を剥がす瞬間のドキドキ感はちょっとクセになりますね。

肝心の写りは、プロ-ニーフィルムで6x6で撮った写真とほぼ同じ。 トンネルエフェクトも堪能できて、HOLGAらしさを決して損なわないのが嬉しいところです。


ただし、そのままでも結構サイズが大きいHOLGAに、さらに大きなポラロイドホルダーをつけると、見た目もかなりの重量級に。重さも当然そこそこに重くなりますから、ちょっと旅行でカバンに忍ばせて・・・なんていうのはちょっと無理です。 
このカメラを持ち歩くときは、「HOLGAで写真を撮りにいくぞ!」というそれなりの覚悟が必要かもしれません。
でも、ちょっと近くで散歩しながら・・とか、知り合いのパーティーで、なんて使い方はピッタリ。 撮った写真をそのまま人に見せてあげられるので、気に入ったら差し上げますよ、なんてすごく喜ばれたりします。


また、上の写真で気づいた方のいらっしゃるかもしれませんが、ポラロイドホルダーを装着するとHOLGAにもともとついているファインダーは全く使い物になりません。 撮りたいものにカメラを向けたら後はすべてノーファインダー(勘!)で。 

最初のうちは何枚も撮ってみて、撮りたいものを撮りたい構図のようにうまく狙えるようにするには、多少慣れる必要がありそうです。

HOLGAのレンズで撮った写真の風合いをそのままに、撮ったらすぐにその場で現像して見る事ができる、セッカチな方もそうでない方もきっと楽しめるHOLGAバリエーションです。

カテゴリートップ
HOLGA by Polaroid
次
HOLGA by Polaroid : フィルムの入れ方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック