このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  HOLGA120  >  HOLGA120S : フィルムの入れ方

ブローニーフィルム
さて、撮る前にはまず(当たり前ですが)フィルムの装填です。HOLGAでの撮影には市販されている120フィルム(ブローニーフィルム)を使用します。フィルムに120と表記のあるものを選んでください。またフィルム感度は400程度のものを使用することをお勧めします。
写真はコダック プロフェッショナル トライ-X400TX 120を使用しています。

フィルムの開封
箱を開けて中の袋を破ると写真のようなフィルムが出てきます。このフィルム、初めて装填するの人にはちょっとドキドキかもしれません。一般的な35mmフィルムやAPSのように金属のパトローネに保護されているわけではなく、フィルムが芯に巻かれているだけの状態になっています。実際にはフィルムの外側に遮光紙が巻かれているので取り出しただけで感光してしまうことはありませんが、念のためできれば暗いところでの作業をお勧めしたいところです。(直射日光下などでの作業は避けましょう)

フィルムのセット1
フィルムを袋から取り出したら、上の写真にようにHOLGAの左側のフィルム室にはめ込み、フィルムの端をゆっくり引っ張り出します。

フィルムのセット2
フィルムの端の部分をHOLGAの右側にセットしたスプール(フィルムを巻き込む芯)のスロット部分に差し込み、カメラ右上部の巻き上げダイアルを時計回りにゆっくり回してフィルムを巻き込んでいきます。

フィルムのセット3
このとき、フィルムがレンズの部分にたるみ無く張っているか、まっすぐに右側スプールに巻かれているかを確認してください。ふたを開けた状態で2巻き程ダイアルを回して、しっかりフィルムが送られている事を確認できたら裏蓋を閉めます。

裏蓋を閉じる
裏蓋を閉じたら、左右の金属クリップを押し上げてしっかり留めて下さい。
裏蓋にある赤窓からフィルムの中を確認しながらゆっくり巻き上げダイアルを時計回りに回し、最初のコマの数字が出るまでフィルムを送っていきます。(写真では6x6サイズで使用する場合の赤窓になっています)最初のコマを表す数字「1」が赤窓に出るまで結構フィルムを送り続けないといけないのですが、絶対に数字が出てきますので不安にならずにダイアルを回し続けましょう。ただし、数字は突然表れますから、あまり早く回さずにゆっくり慎重に行います。

セット完了!
上の写真のように、赤窓にコマ数を表す数字が見えたらフィルムセット完了です。
撮影中は、1枚取ったら巻き上げダイアルを回し、次の数字が赤窓に見えるところまでフィルムを送り、次の写真を撮る・・を繰り返します。

前
HOLGA120S : フィルムの巻き太り防止
カテゴリートップ
HOLGA120
次
HOLGA120S : 撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック