このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  HOLGA120  >  HOLGA120S : フィルムの巻き太り防止

現行のHOLGA120Nシリーズではすでにフィルムの巻き太り防止対策が施してありますので、不要です。
使用しているうちにカメラ内部のスポンジが弱ってきたり、あるいは古いHOLGAを譲り受けて使う場合などは念のため対策しておいたほうが無難です。


120(ブローニー)フィルムの場合、良く起こりがちなのが「巻き太り」と言われる状態です。フィルムが送り先のスプールに巻かれていく際に、きっちり巻きつかずゆるい状態のまま巻きついている状態で、正常に巻かれたフィルムよりも、フィルムとフィルムの間に隙間ができるため見た目も太くなってしまいます。フィルムがこの巻き太りの状態になると、フィルムの隙間から光が入り、感光してしまう危険が高くなります。
巻き太りになってしまったフィルムを現像・プリントに出す場合は、明るいところには出さず、黒い袋などに入れてお店で「巻き太りのフィルムです」と伝えたほうが無難です。そうすれば写真屋さんも取り扱いを注意してくれます。

すきまテープを左右に2ヶ所右側

HOLGAの場合、中の仕組みが非常に簡単にできているので、なにか対策をしたほうがいいと思います。特に6x6サイズで撮るために中のマスクを取り外して使用している場合なんかは、カメラの中でフィルムを抑えつけるものが何もなく、フィルムが緩んで巻き太りになる可能性がとても高くなります。

巻き太りをなくすには、要はフィルムをカメラの中で押さえつけて緩まないようにすればよいので方法はなんでも構いません。僕の場合は、フィルムが巻きつくスプールとカメラ本体の間にすきまテープを2ヶ所貼っています。(写真参照)これにより、常にスプールとフィルムが押さえつけられている状態になり、緩むことがなくなりました。

すきまテープは引き戸や網戸の隙間を埋めるために販売されている商品で、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。スポンジの片面に接着剤がついているもので、1つ200円〜300円程度で買えます。

他の方法として、テレホンカードを山形に折り曲げて裏蓋の内側に貼り、フィルムを抑える方法などもあるそうですが、フィルムに傷がつかないように僕はすきまテープで対処することにしました。

すきまテープを使う場合は、スポンジの厚さ、貼る量に注意したほうが良いと思います。僕も最初、片側2ヶ所、合計4ヶ所にテープを張りましたが、それだとフィルムを押さえる力が強すぎてフィルム送りのつまみが回しにくくなってしまったので1ヶ所ずつはがし、片側1ヶ所ずつ、合計2ヶ所を写真のようにテープで処理しています。



前
HOLGA120S : 光洩れ対策
カテゴリートップ
HOLGA120
次
HOLGA120S : フィルムの入れ方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック