このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの遊び方  >  多重露光 1枚の写真に重ね撮り
多重露光 1枚の写真に違う世界を重ねて作る新しい世界

トイカメラユーザー、特にフィルムカメラを愛用する方がよく使う表現方法に、多重露光というのがあります。

多重露光とは呼んで字のごとく、1枚の写真に2~3度シャッターを切って異なる風景や物を重ねて撮影する手法。 最近はデジタルカメラにもこの多重露光機能が付いているものもありますが、フィルムカメラの場合はフィルムの巻上げ機構とシャッター機構が同調していないカメラ(フィルムを1コマ巻き上げなくてもシャッターボタンが押せるタイプのカメラ)でないと多重露光はできません。HOLGA120、SMENA8M、LOMO LC-A+ などがその代表的なカメラです。




この白黒写真は HOLGA120 で撮影したものですが、3重露光です。(フィルムを巻かずにシャッターを3回切ったことになります。)中央にある花は、実はこんなにたくさんあった訳ではなく、1度シャッターを切った後に少しだけカメラをずらしてもう一度シャッターを押しています。
さらに、これとは全く関係のない場所でもう一度シャッターを切っています。比較的暗い場所を選んで撮ったので、真ん中の花の部分にほとんど感光することなく写真の両端に背景のような風景が写っています。




この写真も同じく HOLGA120 で撮影した白黒写真ですが、結果的に2重露光になっています。
中央のバラの花と背景の駐車場とはまったく別の場所の風景です。最初にシャッターを切ったバラの花の背景が比較的暗かったので、2回目にシャッターを切った駐車場の風景がほとんどそのまま背景のように写る結果となっています。
ただこの写真の多重露光は意図的な撮影ではなく、「うっかり」多重露光してしまったものです。

トイカメラの場合、意識的にではなくフィルムの巻上げが正しく行われなかったために偶然「多重露光」となってしまう写真も結構あります。こういった不幸な偶然が逆に面白い写真を生み出すこともあるというのがトイカメラの醍醐味でもあるんですね。


意図的に多重露光をする場合、できればあまり明るすぎない状況で撮った方が良い結果になります。明るいところで何度もシャッターを切ると、光量が結果的に多すぎて写真が全体的に白っぽくなってしまうことがあります。

また、フィルムで多重露光した場合、写真屋さんに現像を依頼すると高い確率で「カメラに問題あり」という注意書きが同封されて戻ってきたりしますが、これは気にせず堂々と多重露光を楽しみましょう。
前
「ノーファインダー」 ファインダーを覗かずに撮る
カテゴリートップ
トイカメラの遊び方
次
トンネルエフェクト (ビネット効果)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック