トイカメラに詳しいカメラ雑貨ショップ イコニガジェ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


ビギナーにおすすめ!
BONZART Lit
BONZART Lit

[デジタルカメラ]

BONZARTの人気トイデジ第2弾!

30万画素のCMOSで300万画素相当の写真が撮れるという変り種。

しかも撮れる写真はまるでオイルペインティングアートのようだというところが受けてます。

カラバリ豊富で見た目もCUTEなのが人気の秘訣。

Instax mini チェキ
Instax mini 8 チェキ

[フィルムカメラ]


ブーム再び!

携帯やスマホで写真を撮ることが多い最近、その場ですぐに現像して友達と一緒に楽しめるフィルム写真、『チェキ』が再び脚光を浴びています!

撮った写真をアルバム風に貼り貼りしたり、その場で友達にプレゼントするとすごく喜ばれますよ!
サイト管理/運営
各種お問合せはこちらから
iconiworks

このサイトに掲載されている記事および写真その他一切の無断転用・転載はご遠慮ください。
ToyCamera.INFO
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  Bigshot カメラ  >  操作マニュアル  >  Bigshot カメラ : パワーモードについて
Bigshot カメラ
Bigshot カメラ

パワーモードについて

Bigshotカメラには3種類のパワーモードが用意されています。(ノーマル・エコノミー・スリープ)

ノーマルモード

通常はノーマルモードで動作します。 写真の撮影、再生のための十分な充電量がバッテリーにある状態です。 カメラ背面にあるパワーインジケーターは緑色に点灯し、液晶ディスプレイに残りの充電量が表示されています。





エコノミーモード


残電量が少なくなり背面ディスプレイに表示するための十分な電力量が確保できなくなると、Bigshotカメラはエコノミーモードに移行します。 エコノミーモードでは撮影時のリアルタイム画像も撮影した写真の再生もできなくなりますが、まだ写真の撮影は可能です。ビューファインダーを覗いて撮影して下さい。
またこのモードではフラッシュが使用できませんので、明るい場所で撮影してください。
エコノミーモードに移行する前に、液晶ディスプレイに『Economy Mode』(エコノミーモード)の表示が点滅し、ディスプレイがオフになります。また、パワーインジケーターが緑色に点滅します。
エコノミーモードになった場合は、可能であればUSBコネクターから充電することを推奨します。




さらに電力を消耗しこれ以上撮影することができなくなるとパワーインジケーターが赤色に数回点滅し、電源をシャットダウンします。再び撮影するために充電をしてください。





スリープモード

Bigshotカメラを45秒以上何も操作しないと自動的に電源がオフになります。 再度電源をオンにするには、モードダイヤルを回して再び電源を入れてください。

前
Bigshot カメラ : メモリーに関する表示について
カテゴリートップ
操作マニュアル
次
Bigshot カメラ : 写真を撮影する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック