このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  Bigshot カメラ  >  組み立て方  >  Bigshot カメラ : カメラ内部の組み立て 1
Bigshotカメラ

カメラ内部の組み立て 1

カメラ内部(電子機器部)を組み立てていきます。




1. シャッターボタンをカメラボディ右上部の穴が開いている部分に内側から取り付けます。 上図を参考に、シャッターボタンの四角い部分を持ち、ななめにして丸いボタン部分を内側から穴に入れます。




2. シャッターボタン部分を穴に入れたら、四角い部分を上図のように時計回りにスライドさせてカメラボディ側にあるノッチにスライドさせますノッチ(ツメ)に差し込みます。




3.PCBモジュールを取り付ける準備をします。 PCBモジュールについている、丸い「モードスイッチ」が上図の位置になるように回しておきます。




4. PCBモジュールをカメラボディに取り付けます。 方向と位置は上図を参考にして下さい。 PCBモジュールにはネジ止めをするための穴が3ヶ所ありますので、その穴がカメラボディのネジ穴と位置がぴったりあっているかを確認して下さい。




5. PCBモジュールをカメラボディに3ヶ所、しっかりとネジ留めします。


→『カメラ内部の組み立て 2』に続きます。
前
Bigshot カメラ : 発電機部の組み立て 3
カテゴリートップ
組み立て方
次
Bigshot カメラ : カメラ内部の組み立て 2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック