このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの遊び方  >  逆光 - フレアで光の芸術
逆光 - フレアで光の芸術を楽しもう。

トイカメラ、特にプラスチックレンズで太陽やとても明るい光源に向かって(逆光で)写真を撮ると、光の筋や輪が出る時があります。

これは、一般的にはフレアと呼ばれる現象で、精度の高いレンズなどではこれを極力軽減させるためにレンズの表面に特殊なコーティングを施してあったり、撮影する時にレンズフードというレンズに余計な方向からの光が入るのを防ぐフードなどを取り付けたりして防止するのですが、トイカメラのレンズにそのようなコーティングをしてあることはまずありませんし、レンズフードを取り付けることも稀です。 

しかも、プラスチックレンズの場合、ガラスレンズと比べてレンズ内部で乱反射する光が多く、逆光で撮るとフレアが豪快に出ることが多いのです。



一般的に写真の撮影技法的には嫌われるフレアですが、トイカメラではこれを偶然の光が織りなす芸術としてに楽しんでしまいましょう。  フレアが豪快に出やすいトイカメラでは、時に意図的に狙っても決して再現できそうにないほどの幻想的な光の筋が現れることもあります。

フレアを出すには、太陽のある方向などにカメラを向け暗い部分も同時に写る構図で撮ると、ほぼ間違いなく現れます。さらにフィルムカメラの場合、現像するまではどのようになるか全く予想ができないというのもトイカメラならではの楽しみ方と言えるでしょう。
前
フィルムとデジタル どちらがいい?
カテゴリートップ
トイカメラの遊び方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック