このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  その他のトイカメラ  >  Lomography Fisheye Baby
Lomography Fisheye Baby: 紹介

FisheyeBaby

Lomography Fisheye Baby は、ロモグラフィーから発売されている同社初の110フィルムカメラ。「Fisheye Baby 110 Basic」とメタルバージョン「Fisheye Baby 110 Metal」の2機種があります。

FisheyeBabyFisheyeBaby

ロモグラフィー史上最小のフィッシュアイカメラとなるこの Fisheye Baby は、フィルムメーカー各社がすでに製造を終了してしまった往年のポケットカメラ用フィルム 110フォーマットフィルムを使用するコンパクトなカメラ。110フィルムはすでにロモグラフィーが再生産を開始しており、そのフィルムを使用するカメラとして最初に発売されました。
フィルムを装填すると、カメラ本体からはみ出てしまうほどのコンパクトさです。
形状はすでにおなじみの35mmフィルムを使用する同社の「Fisheye No.2」とそっくり。 Fisheye No.2 同様の 画角170°の可愛らしい円形の魚眼写真を撮影することができます。 ただ、サイズはとても小さく、フィルムを装填すると、カメラ本体からはみ出てしまうほどのコンパクトさです。
また、多重露光機能やB(バルブ)モード機能も搭載し、長時間露光もできるようになっているのは110フィルムカメラには珍しい、非常に面白いところ。

「Fisheye Baby 110 Basic」とメタルバージョン「Fisheye Baby 110 Metal」の違いは2つあり、メタルはカメラの部品の一部がメタルであることと、PCフラッシュアダプター(フラッシュ、PCフラッシュアダプター共に別売)の使用が可能になっています。

FisheyeBabyサンプル写真FisheyeBabyサンプル写真
FisheyeBabyサンプル写真FisheyeBabyサンプル写真

FisheyeBaby
FisheyeBabyFisheyeBaby
サンプル写真提供:Lomography



【その他の仕様】
使用フィルム:標準110 ロールフィルム (ポジ/ネガ/白黒)
画面サイズ:17mm x 13mm
撮影レンズ:魚眼プラスチックレンズ (直径13mm)
画角:約170°
絞り:f/8 (固定)
シャッタースピード:N (1/100) 及び B (バルブ)
ビューファインダー:内蔵
フラッシュ接続: PCソケットありなし(バージョンにより異なる)
三脚ネジ穴:なし

Fisheye Baby 110カメラ 【ロモグラフィー】
前
LOMO LC-Wide : 紹介
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
GIZMON iCA5 (For iPhone5)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック