このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Vivitar v3800N SLR トイカメラユーザーに大人気だったにもかかわらず、Vivitar社の事業譲渡などの問題で「あっ」という間に在庫が尽きて手に入らなくなってしまった Vivitarの V3000 SLR というアナログ一眼レフカメラがありますが、その上位機種とも後継機ともいえるカメラが、Vivitar v3800N SLRVivitar V3800N SLRVivitar V3800N SLR V3800N の魅力はやはり、一眼レフとしてはコンパクトなボディに、フルマニュアルという、ピントも露出も自分で調節しながらフィルムに写真を焼き付けるという、本来の「写真撮影」を存分に楽しめるということでしょう。シャッターボタンを押すだけで、すべて自動でカメラがやってくれて、フィルムの枚数を気にすることなく無限に撮影できるデジタル一眼レフとは一味違う、写真を撮る楽しみを体感できるカメラです。 加えて、このカメラの一つの大きな特徴でもあり、トイカメラファンに支持されている理由は、付属されるレンズの面白さです。 付属する Vivitar 50mm F1.7 MC レンズは、F1.7という明るいレンズなので、比較的暗い室内での撮影でもアドバンテージがありますが、美しいボケ味も魅力です。 しかも、撮れる写真はどことなく淡いトイカメラ風味な画風で、トイカメラで撮った写真の雰囲気が好き、しかも作品としての写真も撮りたいという中級ユーザーに多く支持されている所以です。 個人的には、このレンズだけでも欲しいくらいです。 Vivitar v3800N SLR もちろん、一眼レフですから、レンズの交換も自由です。ペンタックスKマウントのマニュアルレンズを中古カメラ屋さんで探して使うという楽しみもあります。 V3800N は多重露光も簡単に出来ますので、付属のデバイダーを使えばいろんな構図でまさにトイカメラな遊び方も出来ます。 トイカメラが大好き、でもちょっと真剣に作品といえる写真にも挑戦してみたい。 そんな方には是非手にしてもらいたいカメラです。
【外部リンク】 Vivitar V3800N SLR カメラ&アクセサリー キット 【ギズモショップ】
<スペック> 形式:35mm判フィルム一眼レフカメラ マウント:ペンタックスKマウント レンズ:Vivitar 50mm F1.7マルチコーティング シャッター形式:上下走行方式メタルフォーカルプレンシャッター シャッタースピード:バルブ,1~1/2000秒 セルフタイマー:機械式,作動10秒 ストロボ同調:X接点のみ X=1/125 シンクロターミナル:装備 測光形式:TTL中央部重点測光方式 露出計:SPD素子,LED表示 測光範囲:EV5~EV18(ISO100,F1.7) ISO感度:25~3200 ファインダー:視野率92% ファインダースクリーン:斜めスプリットイメージプリズム,マイクロプリズム,マット面 フィルム巻き上げ:巻き上げレバー 付属品:ストラップ,セミハードケース,LR44型アルカリ電池2個,カメラバック,レンズキャップ,レンズフード,ディバイダー,フラッシュ,UVフィルター,白黒フィルム,アイカップ,英文マニュアル
前
大人の科学マガジン vol.25 付録 二眼レフカメラ
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
Lomography Spinner 360°

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック