このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの遊び方  >  フィルムとデジタル どちらがいい?
トイカメラがフィルムカメラ主流だった頃、主な楽しみ方は

光と影の偶然性が作り出す不思議な世界をフィルムに映す楽しみ

フィルムを現像してみないとどんな風に撮れているのか分からないワクワク感

といったものでしたが、最近はカメラのデジタル化が進むにつれ、トイカメラにも「トイデジ」と呼ばれるデジタル化が進み、楽しみ方も変わりつつあります。

また、カメラ、フィルムメーカーが相次いでフィルムカメラ、撮影用フィルムの製造から撤退し、最近ではフィルムの種類によっては手に入らない、あるいは手に入りにくかったり非常に高価なものになってしまったりということが、トイカメラのデジタル化にも拍車をかけているという背景もあります。

トイカメラの楽しみ方は、「カメラをおもちゃのように使って撮ること、見ることを楽しむ」というのが基本ですから、フィルム、デジタル問わず楽しみたいものですが、それぞれに長所短所や特徴があります。

フィルム・デジタルの特長と欠点を理解して、自分のスタイルに合ったカメラを選んで使うのが長く楽しめる秘訣かもしれません。


・ こんな人(場合)にフィルム・トイカメラがお勧め。

フィルムを現像するまで撮影結果がわからず、ちょっとしたワクワク感を楽みたい。

フィルムで撮る写真ならではのアナログ感を楽しみたい。

撮った写真はきちんとプリントして保存、整理しておきたい。

できればもっとカメラや写真を勉強して作品と呼べる写真を撮ってみたい。

気に入った写真は引き伸ばして壁に貼ったりしたい。

フィルム代、現像代などは多少かかっても仕方がないと思っている。

→ トイカメラで作品と呼べる写真を撮ってみたいなど、カメラをまじめに趣味として取り組みたい方向け。


・ こんな人(場合)にデジタル・トイカメラがお勧め。

とにかく何も考えずにシャッターを切りたい。(たくさん撮りたい)

撮った写真を簡単にブログなどに貼りたい。

撮った写真を簡単に加工、修正して楽しみたい。

写真の整理はデータとしてPCで整理したい。

写真にお金をかけたくない。

現像なんて面倒くさい。

→ 写真を合理的に楽しみたい、できるだけ失敗せずに写真を撮りたい方向け。インターネットのブログ、ソーシャルメディアを日常的に利用している方など。


フィルムかデジタルか・・是非自分にあったカメラを探してみてください。

前
トンネルエフェクト (ビネット効果)
カテゴリートップ
トイカメラの遊び方
次
逆光 - フレアで光の芸術

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック