このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラをもっと楽しもう!  >  撮った写真をPCで補正してみよう

スキャナーで写真をデジタルに取り込んだら、PCで補正をして写真を更に見栄えを良くすることもできます。
程度、方法はそれぞれですが、トイカメラ独特の写真風味を損なわないように軽く補正するのもいいですし、思い切って色をがらっと変えてしまって好きなようにするもよし。 自分の撮った写真ですから自分の好きなように補正してしまいましょう。




写真の補正の仕方についての細かい手法はここでは紹介しませんが、修正できる項目は主に以下の3つがあります。
説明だけですべてを一度に理解するのは難しいので、まずは実際にいろいろ試してみることをお勧めします。


レベル補正

写真の明るさを元に表示される「ヒストグラム」というグラフを参考に補正を行います。


ヒストグラム


明るすぎる写真は少し暗く、暗い写真は明るくするなどの補正ができます。
下に説明のある、「明るさ補正」との違いとして、レベル補正では写真を構成している色(デジタルの場合RGB(赤・緑・青))を独立させて、それぞれの色の明るさを調整することができます。
例えば、赤を少し暗めに、緑を明るく・・などが可能です。


高機能な画像補正アプリケーションでは細かく設定することもできますし、PCが計算して適切な補正を加えてくれる自動レベル補正という機能がついているものが多く、この機能を使用するのがとても便利です。


補正前 補正前の写真


レベル補正後 レベル補正後の写真




明るさ・コントラスト補正

写真の明るさ、コントラストを調整できます。
コントラストとは、写真の暗い部分と明るい部分の差です。
暗い部分を暗く、明るい部分をより明るくすると濃淡のはっきりしたコントラストの強い写真になりますし、逆に明るい部分を暗く、暗い部分を明るくすると全体にのっぺりとした単調な写真になります。
これも自動で調整してくれる機能がある画像補正アプリケーションが多いので、最初は自動で補正してもいいと思います。


ハイコントラスト コントラストの高い写真


ローコントラスト コントラストの低い写真




カラー補正

文字通り、色味を補正します。 写真の色見はそのときの撮影状態や光の色で大きく変わります。蛍光灯の下で撮ると青白く写ったり、緑色の壁のそばで撮ったら人の顔まで緑色っぽくなったりすることがあります。 また、ものすごくきれいだった夕焼けの赤を撮ったつもりなのに、現像してみたらそんなに赤くなかったり・・。
そんな場合には、好みの写真の色合いになるようにカラー補正を行います。
アプリケーションによっては、補正をかける前に補正後にはどんな色になるかのプレビューを見ながら行えるものもあるので簡単です。自動カラー補正に任せてしまうこともできますが、この部分は是非自分でいろいろ試しながら補正してみてください。


赤を強く 色補正で赤を強くした場合。


緑を強く 色補正で緑を強くした場合。



画像を補正するアプリケーションは、デジタルカメラやスキャナーを購入したことのある人なら、製品に同梱されている画像補正アプリを使用するのもいいと思います。 また、最近のデジタルカメラの普及により各社から様々なものが販売されていますので、いろいろ検討して自分が使いやすいと思えるものを購入するのが良いと思います。



前
撮った写真をPCに取り込んでみよう
カテゴリートップ
トイカメラをもっと楽しもう!
次
オークションでトイカメラをGETしよう! [ Yahoo!オークション ]

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック