このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  Vivitar  >  Vivitar Ultra Wide&Slim  >  Vivitar Ultra Wide&Slim : フィルムの取り出し方
Vivitar Ultra Wide&Slim のフィルムの取り出し方は、入れ方同様にとてもシンプルでオーソドックスです。


フィルム巻戻しボタンを押す

まず、カメラ底部にある、小さなスイッチを押します。 これを押すことによってカメラのフィルム送りの逆回転防止機構がはずれ、フィルムを巻き戻すことが出来るようになりますので、忘れないように必ず爪の先などでしっかり奥まで押し込んでください。 念のために、ここを指でずっと押し続けながら以下の作業を行った方が確実です。


フィルムを巻戻す

次に、フィルム巻戻しクランクを矢印の方向に回して、フィルムを巻き戻していきます。
この時、カリカリカリ・・とギヤが正常に回る音がして、引っかかりなくスムーズにクランクが回せていれば問題ありません。
回しているうちに、急にすっと回しているクランクが軽くなって、カリカリと音がしなくなればフィルムの巻戻しは完了です。

もし、巻戻しクランクがまわりにくかったりして様子がおかしいときはムリに回そうとせず、上で説明したカメラ底部のボタンがきちんと押し込まれているかを確認してください。
もし、(ごく稀にありますが) ここでどうしてもうまく巻き上げられないときは、ムリに何とかしようとせず、カメラ屋さんにカメラごと持ち込んで取り出しをお願いするか、ダークバックなどが用意できる場合は、バッグの中で裏フタを開けてフィルムを取り出してから手で巻き上げるなどの作業が必要です。


裏フタ開閉ツマミをスライドさせてフタを開ける裏フタ開閉ツマミをスライドさせてフタを開ける

フィルムが正常に巻戻されたら、裏フタ開閉ツマミを下にスライドさせて裏フタを開けます。 入れ方の時同様、コツはレバーを最後まできちんと下にスライドさせること。中途半端にスライドさせても裏フタが浮き上がってこず、非常に開けづらいのでご注意を。


巻戻しクランクを引き出す


フタを開けたら、フィルム巻戻しクランクをやさしく引き出します。 この時、乱暴に引き出そうとすると、カメラを破損してしまうこともあるのでくれぐれもゆっくり丁寧に。
この部分、作りがとても弱いのです。


フィルムを取り出す

最後に、フィルムを取り出します。

35mmフィルムは、このまま写真屋さんへ持っていけば、現像、プリントをしてくれます。

前
Vivitar Ultra Wide&Slim : フィルムの入れ方
カテゴリートップ
Vivitar Ultra Wide&Slim

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック