このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  Vivitar  >  Vivitar Ultra Wide&Slim  >  Vivitar Ultra Wide&Slim : フィルムの入れ方
Vivitar Ultra Wide&Slim のフィルムの入れ方は他のトイカメラと同様にとてもシンプルです。

裏フタを開ける

まず、カメラ裏側にある、裏フタ開閉ツマミを下にスライドさせ、裏フタを開けます。
このカメラはこの裏フタのつくりがとても不親切で、最初はなかなかうまく開けられずに戸惑う方がいるかもしれません。コツは、ツマミをスライドさせる時、グッと最後まできっちりスライドさせることです。最後までスライドさせると、裏フタが少し浮き上がるような構造になっています。


巻き戻しクランクを押し下げる

裏フタが空いたら、写真のように巻き戻しクランクを裏側から指で押し下げておきます。


スプールの確認

次に、フィルム室左側のスプール(フィルムを巻き込んでいく棒状の部分)を上写真のように指でまわし、スプールの溝とフィルムを引っ掛けるツメが上に来るようにしておきます。


フィルムを入れる

フィルムを入れます。フィルムを右側のフィルム室に入れたら、下にある巻き戻しクランクを指できちんと押し込んでおきます。


スプールにフィルムを差し込む

フィルムを少しだけ引っ張り出し、上の写真のように、先程上に来るように調整しておいたスプールの溝にフィルムの端を差し込みます。この時、フィルムのパーフォレーション(フィルムに空けてある、たくさんの穴の部分)がスプールのツメに引っかかるようにうまく差し込んでください。


スプールにフィルムを差し込む

スプールのツメにフィルムの穴がうまく引っかかっていることを目で確認しながら、巻き上げギアをカリカリとゆっくり矢印の方向に回していきます。このとき、右手の親指でフィルムの縁を軽く押さえながら、左手の親指で巻き上げギアを回すようにすると、フィルムがずれたりせずうまく巻けると思います。
スプールにフィルムがうまくひっかっかっていて、2-3回転スプールがきちんとフィルムを巻き込んでいることを確認しておきます。


スプロケットを確認

ここまでくれば、ほぼフィルムの装てんはできています。ただし、スプロケット(フィルムをスプールに送るための歯車のような部分)が2箇所、フィルムの穴と十分に噛みあっていることを確認してください。 これを怠ると、撮っている途中でフィルムがうまく巻き取られず、何も撮れていなかったなどのトラブルの元になりますから要注意です。
きちんとフィルムがセットできていることを確認したら、裏フタをカチッと音がするまでしっかりと閉じます。


最初のコマまでフィルムを送る最初のコマまでフィルムを送る

最後に、フィルムの最初のコマまでフィルムを送っておきます。カメラ上部にあるフィルムカウンターを見ながら、最初のコマ「1」が表示されるまで何枚かシャッターをカラ打ちしてフィルムを進めておきましょう。
この時、何も写らないように、レンズを何かで覆っておくとよいですね。
フィルムカウンターが「1」になれば、フィルムの装てんは完了です。

前
Vivitar ULTRA WIDE&SLIM ブラック(光沢あり)
カテゴリートップ
Vivitar Ultra Wide&Slim
次
Vivitar Ultra Wide&Slim : フィルムの取り出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック