このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  その他のトイカメラ  >  Golden Half (ゴールデンハーフ)
Golden Half (ゴールデンハーフ) トイカメラユーザーの中でも人気の高いハーフサイズカメラ。ハーフサイズカメラとは、昭和30〜40年代に流行った、35mmフィルムを使用し通常のフィルム1コマ分のスペースに2コマ撮影することで倍の枚数写真を撮影することができるカメラの総称です。例えば、24枚撮りのフィルムなら48枚、36枚撮りのフィルムなら72枚の写真を1本のフィルムに収めることができます。 Golden Half そんなハーフサイズカメラをトイカメラテイストで復刻させたようなカメラがこのGolden Half(ゴールデンハーフ)。その名前も昭和40年代のアイドルグループと同じで古き良きノスタルジックなイメージでフィルムカメラ全盛時代を連想させます。 プラスチックのボディ、レンズはもちろんトイカメラの王道ですが、手に持った感触は意外にしっかりとした作りになっています。表面がラバー仕上げになっていて触れた感触がちょっと心地いいのですが、肝心のグリップはそんなに良くはないので過信して落としてしまわないように注意が必要かもしれません。また、HOLGA風の3段階(2段階?)の絞り設定が可能で、撮影シーン(晴天/曇り/屋内[外付フラッシュ併用])にあわせて非常にアバウトな設定が可能です。 Golden Half また、ハーフサイズカメラなので(知っている方には当然なことですが)カメラをそのまま構えて撮ると縦写真になります。横写真として撮りたい場合はカメラを縦にして撮りましょう。 35mmフィルムを使用するので、取り扱いも簡単ですから、フィルムカメラ初心者の方でも比較的取り扱いしやすいのも利点です。でも、取扱説明書がちょっとアレなので本当に最初から分からない方は困りますが・・(6ヶ月保証はついています)。 ハーフサイズカメラらしく、カメラのサイズもコンパクトなので、女性でもかばんの中に忍ばせておいても邪魔にならず、必要なときにさっと取り出せる便利さはとても好感が持てますね。見た目もかわいいので、女性にこのカメラのファンが多いのもうなずけます。 1本のフィルムでたくさんの写真が撮れるのはハーフサイズカメラの魅力のひとつではありますが、欲張って36枚撮りのフィルムなんか入れちゃうと72枚撮らないとフィルムが終わりませんから・・なかなか現像に出せない事態になりますのでご注意を。 その他のスペック サイズ:W88×H72×D32mm 重量:約90g レンズ : 22mm プラスチックレンズ シャッタースピード : 約1/100秒・単速 絞り:およそf8〜f11(±5%) フォーカス設定:1.5m〜∞ 使用するフィルム : 135(35mm)フィルム フィルム送り: 手巻き フィルムカウンター : あり(最大72まで) ホットシュー:内臓
前
デメキンカメラ (Demekin camera)
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
Vivitar V3000S SLR

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック