このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

micro elephant マイクロエレファント (+ flash pecker)
100円ライターほどの大きさの外付けストロボ付本格MINOXタイプカメラ!


micro elephant


シャツのポケットにすっぽり入るほどのサイズのこのカメラは、実はトイカメラと呼ぶにはちょっと気が引ける程のしっかりとしたつくりのカメラ。 MINOXタイプのフィルムを使用するこのカメラは小さいだけでなく、被写体の明るさによってシャッタースピードが変わる自動露出、3群4枚の高性能レンズ、外付けストロボ付属で暗い場所でもOK、30センチまで寄れる近接撮影など、ちゃんとしたカメラなのです。


なぜ micro elephantという名前なのかは上の写真をよく見てみてください。左側がカメラ本体なのですが、よく見るとゾウさんの横顔に見えませんか?
長さ8.4cm、重さわずか55gという超軽量小型のゾウさんです。


使い方は非常に簡単。カセット式のMINOXフィルムですから、装填、取り出しも難しいことは全くありません。また、撮影も基本は目測で被写体までの距離を設定して、フィルムを送ってシャッターボタンを押すだけ。トイカメラユーザーなら何も迷うことはありません。 その簡単さとはうらはらに、自動測光してくれてシャッタースピードも2秒〜1/500秒で制御してくれるので、撮影できるシチュエーションも広がりますね。
そしてこのカメラの特徴として特にうれしいのは30cmまで寄って拙者ができるということ。 一般的にコンパクトカメラでは80cm〜1mぐらい離れないと綺麗に撮れないものが多い中、30cmまで近づけるのは魅力です。


本体には外付けの専用ストロボ、flash pecker が付属していますから、暗い屋内や夜間も使用できます。ストロボの取り付けはちょっとだけ慣れが必要ですが、これも難しくはありません。ストロボを取り付けるとシャッタースピードも自動的に1/30秒に固定されます。


肝心の使い心地ですが、これがすこぶる良いです。MINOXフィルムという事で、入手や現像してもらえるカメラ屋さんが限られることが非常に痛いのですが、それさえ除けば究極のデイリーカメラですね。


その他のスペック
フィルム: ミノックスタイプフィルム
レンズ: 3群4枚 F3.5 f=15mm テッサータイプ
絞り: F4.8 固定
焦点合わせ: 目測式、全群繰出し式、目盛り表示(∞/●4/2/1/0.6/0.3m)、中間目盛り使用可
シャッター: 2〜1/500秒 2枚羽根AEシャッター
露出制御: Cds測光、連動範囲 EV5〜13(ISO100)
スローシャッター警告 : ISO100 約1/30秒で警告ランプ点灯、手動スイッチ式
フィルム感度設定 : 手動ダイヤル式 ISO25/50/100/400
フィルム巻上げ: ノブ回転による手動巻上げ、2重露光防止機構付き
フィルムカウンター: 自動復元順算式
ストロボ: ガイドナンバー8(ISO100) オートオフ回路内臓
バッテリー: カメラ(リチウム電池 CR-1/3N 2個)/ストロボ(リチウム電池 123A 1個)
寸法: カメラ(W84xD37xH21mm)/ストロボ(W61xD42x20mm)
重量: カメラ55g(電池別)/ストロボ38g(電池別)
セット内容: カメラ本体/ストロボ/取扱説明書/6ヶ月保証書/カラーフィルム 15枚撮り x1本




micro elephant を購入する

micro elephant special page (SuperHeadz INa Babylon)
前
R-SHARAN by SUZUKI-SHOP
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
ブックカメラ(Book camera)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック