このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ  >  トイカメラの使い方  >  その他のトイカメラ  >  KIEV 35A (キエフ)

KIEV 35A (キエフ35A) - ウクライナ製

ウクライナ製のパカッと開いて撮るコンパクトカメラ。 KIEV(キエフ)35A。
このカメラが有名なのは、ドイツ・ミノックス社の高級コンパクトカメラ、MINOX GTをコピーしたカメラという事。「似ている」なんてなまやさしい話ではありません。形やパーツの位置までまるっきりのコピー。ただ性能まではコピーしきれなかったところにちょっと可愛さを感じてしまうカメラです。 

このカメラの大きな特徴は、「絞り優先AE」方式ということ。 絞り優先AEとは、絞り f 値を設定すれば、カメラが光量を測定してシャッタースピードを自動的に計算してくれます。 絞りを開けるか絞るか・・を決めて都度設定すれば、シャッタースピードはカメラが一応面倒を見てくれます。(ただし、過信は禁物。) 
ピント調整は目測式。 被写体までの距離を目測で見極め、レンズ部にあるリングで距離を設定して撮影します。 ここで一つありがたい機能は、設定した絞りf値によって、どの範囲までピントが合うかの被写界深度計(目盛)が付いていること。 ピントの目盛を設定する際に、どの範囲までピント合うかの目安が分かるため、撮影にはとても重宝します。

そして、このカメラのもうひとつの大きな特徴は・・・ 「臭い」こと。 ちょっと臭う、訳ではありません。 ものすごく臭いです。
ただし、臭さの元はカメラ本体ではなく、付属しているカメラケースのようです。 私は試しにカメラケースを2日間陰干ししてみましたが、臭さは一向に弱まる気配はありませんでした。 カメラは丹念に拭き、ケースにはしまわずに置いておくと徐々に臭いは取れていくようです。 どうやら付属ケースは使うのを止めた方が無難なようです。

小さくてちょっとスタイリッシュなこのカメラはLOMO LC-Aとも良く比べられるほど小気味いいカメラです。写りも決して悪くなく、ちょっとカバンに忍ばして取りたいときにさっと出せる・・という感覚のカメラですね。 ただし、故障が多いのもこのカメラの特徴。扱いは大切に。

実売価格 10,000円前後 デッドストック新品

その他のスペック
レンズ: Kiev Korsar f2.8/35mm
使用するフィルム: 35mm(135)フィルム
フィルム感度: ISO 25 50 100 200 400 800
シャッタースピード: 1/30〜1/500 (絞り優先AE)
絞り設定: F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16
フォーカス設定: 1m〜無限遠
電池: LR44(SR44)4個使用

前
ORBIT 360F
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
HOLGA35 AFX

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック