このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ORBIT 360F

見た目にも一風変わったカメラ。ORBIT 360F。フィルムを送るのか・・戻すのか・・?そんな機能的なのかそうでないのか分からない不思議なこのカメラはやっぱりMade in Chinaです。

orbit_1.jpg

見た目もそうですが、このカメラが特徴的なのはモータードライブ内蔵のフィルム自動送り機能がついていること。シャッターを切るとカメラが自動的に次のコマまでフィルムを送ってくれます。それだけならまだ普通なのですが、このカメラ、多重露出が簡単に出来ちゃうらしい・・・で、。どうするかというと、一旦送ったフィルムを必要なだけ巻き戻すことが出来るのです。自動で送ったフィルムをもう一度巻き戻して同じコマにもう一度撮影する・・。こんな機能的なのかそうでないのか分からないところがとてもお茶目なカメラですね。

orbit_2.jpg

もうひとつの特徴がこのウェストレベル・ファインダー。通常のファインダーのほかに、上から覗き込むファインダーもついているので、目線よりも低い位置でカメラを構えたい時はこれを使えばちゃんと被写体を狙えます。

その他、手動切替式の絞りレバーはトイカメラらしい「お天気マーク」ガイドつきの3段階切替式。絞り値 f/4.5, f/6.8, f/15 の間で状況に合わせて絞りを設定できます。

現在まだ日本国内では販売されていないようですが、価格も50ドル程度ととてもリーズナブル。その不思議な機能を一度試してみたくなりますね。


ORBIT 360F microsite (英語)


その他のスペック

使用するフィルム: 35mm(135)フィルム
レンズ: 50mm/4.5
絞り値: f/4.5, f/6.8, f/15 (切替式)
フラッシュ: 内蔵式 (ホットシューも付いてます)
フィルム送り/巻き戻し: 自動


前
LOMO Meccano
カテゴリートップ
その他のトイカメラ
次
KIEV 35A (キエフ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック