このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


  
投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2008-11-25 (6577 ヒット)
デジタルカメラ

Vivitar製のカメラを中心に、 Ultra Wide&Slim や ViviCam5050 等を日本国内で販売し、Vivitar旋風を巻き起こしているギズモショップさんが、オリジナルブランド「GIZMON(ギズモン)」を立ち上げ、その第一弾として、トイカメラ、トイデジ専用のコンバージョンレンズ3種類の販売を開始しました。

ギズモショップ - GIZMON (ギズモン)トイデジ専用コンバージョンレンズ

今回発売されるのは、マクロレンズ、フィッシュアイレンズ、ウルトラフィッシュアイレンズの3種類。 いずれもアルミ製の外装にガラスレンズを使用しており、なかなかの高級感です。
磁石で装着するタイプですので、レンズのサイズさえ合えば、トイデジ、携帯電話のカメラなどにも取り付けられそうですが、対応カメラとして正式に紹介されているのは、Vivitar ViviCam 5050、Vivitar ViviCam 5399、Bell+Howell Genie III、VistaQuest VQ1005、Polaroid a520、Kenko DSC517 の6種類。 いずれも大変人気のトイデジなので、今日本国内で人気のトイデジのほとんどに装着できるといっても過言ではないかもしれません。

各レンズの特徴は以下のとおりです。

■ マクロ レンズ (4倍)

GIZMON マクロレンズ 4x

その名のとおり、マクロ(接写)撮影ができるレンズです。 一般的なトイデジは最近接で80センチくらいの距離をとらないとピントが合わないため、モノや植物を近くによって大きく撮ろうとするとデジタルズームを使用しなくてはならず、画質を犠牲にしていました。
このマクロレンズを使用することで、もっと近くにカメラを近づけて対象を大きく撮る事ができるようになります。

■ フィッシュアイ レンズ

GIZMON フィッシュアイ レンズ

0.38倍の超広角レンズです。 広い範囲の風景を1枚の写真に収めることができ、また独特のゆがみ(魚の目を通して見たような)世界が楽しめます。 特に近いものの背景に遠くの風景が入るように撮ると、ゆがみを最大限に楽しめます。

■ ウルトラフィッシュアイ レンズ

GIZMON ウルトラフィッシュアイ レンズ

一般的にカメラ用語では画角(写真が写る範囲)が180度以上のものを「フィッシュアイ」と呼ぶことが多いのですが、このウルトラフィッシュアイはまさにその180度の世界を楽しめます。上記のフィッシュアイよりもさらに強烈にゆがんだ世界が撮影できます。中央にピントが合い、周辺ほど大きく流れるような写真になります。


ギズモショップで購入する

ギズモショップ - GIZMON (ギズモン)トイデジ専用コンバージョンレンズ

※ それぞれのレンズを使用した写真サンプルが、ギズモショップさんのサイトで掲載されていますので、気になる方はご確認ください。


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2008-11-07 (8372 ヒット)
デジタルカメラ

タカラトミーから発売される新しい「xiao(シャオ)」、今度はプリンター一体型のデジタルカメラ。

タカラトミー xiao(シャオ)TIP-521

xiaoといえば、フジフィルムの「チェキ!」と並んで、ポラロイドフィルムを使用する小型インスタントカメラ、次いでポケットに入るくらいの小さなデジタルカメラ「xiao style」とヒットを飛ばしてきたわけですが、今度は撮ったその場でプリントできる、インスタントフィルムカメラのようなデジタルカメラとなって登場です。

『xiao』は、「写真は撮るときより見るときの方が楽しいと思いませんか?」「高画質・高機能を競い合うデジタルカメラ市場において、今必要な機能はプリンターだと思います。」をコンセプトに、写真を気軽に楽しみたい、コミュニケーションツールとして楽しみたいという20〜40 代女性とそのファミリー層をターゲットにしているそう。

500万画素のCMOSセンサーに、内蔵メモリー16MB、SDカードも使用できます。また一体となっているプリンターは、米国ZINK Imaging 社が開発し、ZeroInk™技術により誕生したインク不要のZINK 紙を使用するもの。専用のフォトペーパーは約5×7.5cm のカードサイズで、裏面はシール加工がしてあり、剥離紙をはがせばシールとしても楽しむことができます。本体は赤外線受信に対応しており、赤外線送信が可能な他のデジタルカメラや携帯電話から写真を送信してプリントすることも可能です。

で、気になるお値段ですが・・なんと34,800円(税込)。あわせて、フォトプリンター用の専用紙が20枚880円。 上記コンセプトの割には、個人的にはあまり気軽に楽しめる価格ではない気もしますが、きっと売れるんでしょうね。

2008 年11 月28 日(金)から全国カメラ量販店、雑貨販売店、インターネットにて発売されます。

■主な仕様
有効画素数 : 500万画素
ズーム : デジタル4倍ズーム
液晶モニター : 2.49インチ
記録媒体 : 内臓メモリ (16MB)、SD/SDHCカード
フォトペーパーサイズ : 約5×7.6cm (解像度313dpi)
プリントの目安 : 約20枚 (フル充電時)
電源 : 付属リチウムポリマー電池
寸法 : 149.5×74.5×25mm (突起部除く)
質量 : 294g
付属品 : リチウム電池、ACアダプター、レンズキャップ、ストラップ

タカラトミー xiao TIP-521を購入する
xiao TIP-521 タカラトミー xiao TIP-521 (Yahoo!ショッピング)


【外部リンク】
タカラトミー xiao 商品紹介ページ


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2008-09-01 (18468 ヒット)
デジタルカメラ

Vivitarのトイデジ、今度はビビッドな色合いの写真が魅力の Vivitar ViviCam 5050 の登場です。

Vivitar ViviCam 5050

ViviCam 5399 の人気も覚めやらぬ中、またしても気になるVivitarのトイデジ。
見た目は ViviCam 5399 よりもすこーしスポーティーに。もち手のあたりの、マット風の手触りの表面にVIVICAM のロゴがちょっとカッコイイデザインです。

このカメラの最大の特徴は切り替えられるカラーモードによって撮影される写真の色が変わること。スタンダード、ビビッド、セピア、モノクロの4つのカラーモードで撮影ができます。

特にビビッドモードは、超高彩度で超鮮烈色なウルトラカラー。今はほとんど見かけなくなってしまった、Agfa Ultra フィルムを思い出させるような極彩色のカラーモードです。

一方で、スタンダードモードでは、なんとなく懐かしいような、渋く淡い色合いの写真が楽しめます。こちらは、先だって販売が終了したコダクローム64のような渋い懐かしい色合いという感じでしょうか。

専用の防水ケースを使って水中撮影も楽しめ、ボディのカラーバリエーションも選べるかわいい ViviCam 5399 と、4つのモードでお気に入りの色彩の写真を気軽に楽しめる ViviCam 5050。 私も1台ずつ入手して撮影してみていますが、これはヤバイですね。 ハマります。

いずれも今後のトイデジ人気の台風の目となりそうな予感です。


【外部サイト】
ギズモショップ
Vivitar ViviCam 5050 (販売)


ViviCam5050のスペックは以下の通り。

・500万画素 CMOSセンサー
・2.4インチLCDディスプレィ
・SDメモリーカード対応 最大2GB
・大変コンパクト
・マクロモード搭載
・色はブラックとホワイト
・単4電池2本で動作


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2008-08-17 (4956 ヒット)
デジタルカメラ

写真ショップチェーンの「パレットプラザ」「55ステーション」などを運営している株式会社プラザクリエイトから、液晶付き使い切りデジタルカメラ「ECO digi MODE(エコデジモード)」が販売開始になりました。8 月15 日(金)より同チェーン店の関東近郊50店舗で限定販売となっています。

液晶付き使い切りカメラ「ECO digi MODE(エコデジモード)」

今回、先行販売が開始されたのは防水タイプの「ウォータープルーフ」タイプ。3m防水なので、日常生活防水と考えた方がよさそうですね。(水中に潜って、というのはちょっと危険?)

このエコデジモードは、本体についている液晶画面で撮影した画像を確認した後、10秒以内であれば「撮り直し」が可能、撮影した画像は本体に保存される仕組みになっています。撮影が済んだら本体ごと「パレットプラザ」「55ステーション」に持っていくと、写真プリント&CD に記録してもらえるという仕組み。

さて、発売前からニュース記事などですでに話題にもなっていたこの「使いきりデジカメ」 便利そう、ニーズがわからないなどの賛否両論ありますが、どのようになりますか・・・と先行きを楽しみに見守りたいと思います。

【外部サイト】

エコデジモード「ウォータープルーフタイプ」先行販売 プラザクリエイト
(商品概要、販売店舗情報)


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2008-07-15 (12217 ヒット)
デジタルカメラ

手軽で味のある写真が撮れると大人気の UltraWide&Slim ですでにおなじみのVivitar のトイデジがギズモショップから販売開始されました。

Vivitar ViviCam5399 BlackVivitar ViviCam5399 Pink

なんでも、先行してWEBでテスト販売したところ、なんとほぼ即日で完売してしまったらしく、インターネット上でも情報の早いトイカメラファンの方々がすでにちらほらとその魅力を囁いておられるようで、次の発売をテグスネ引いて待っている方もいる様子。

トイデジという割には、機能的にもしっかりしたこのカメラ、5メガピクセル(500万画素)、SDカード対応、軽量コンパクトで、15M防水ケースもついてくるという至れり尽くせり。 普段使いのデジカメとしても重宝しそうです。

15M防水ケースは別売だそうです。お詫びしてここに訂正いたします。

肝心の写りは・・?というと、なるほど、トイカメラ好きな皆さんが気になるのもうなずけますね。 少しビビッドな色調で、甘いフォーカスはまるで狙ったかのようなトイカメラっぽさ。 なんとなくフィルムでとったような雰囲気です。

※サンプル写真はこちらでご覧いただけます。
 トイカメラ。−トイカメラの使い方 > Vivitar ViviCam 5399 : 紹介

カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、ターコイズブルーの全3色。 今回入荷数もそう多くはないそうなので、迷った方もとりあえず手に入れておくのがよいかもしれませんね。

しかも、今なら価格が9,870円(税込)! (通常:13,500円のところ)
売り切れて後悔する前に・・!!


[価格は今後変更になる可能性がありますのでご確認ください]

↓↓↓ 詳細&購入はこちら。 ↓↓↓

Vivitar ViviCam 5399 (商品紹介&販売)【ギズモショップ】
 


« 1 ... 10 11 12 (13)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック