このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


  
投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2005-05-04 (3044 ヒット)
ニュース/記事

このサイトでも紹介している、ZeroImage社(香港)の木製ピンホールカメラが日本国内でも買えるようになりました。

Zero Image 木製ピンホールカメラ

日本での販売元は、株式会社エー・パワー。 ZeroImage社の日本国内総代理店として、5機種、11モデルの販売を開始されます。

(株)エー・パワーの代表取締役、安藤芳浩氏は今春まで日本ポラロイド(株)の前産業映像部長としてピンホール80HOLGA by Polaroidを開発した人物。その安藤氏が、トイカメラ・ホビーカメラ事業をさらに発展させるべく同社より分離独立、本年4月6日付けてで設立されたベンチャー企業です。

気になる販売価格は、香港からの個人輸入と比べると少し割高感があるのは仕方がないのですが、それよりも、国内での通信販売で決済、購入できることによる安心感は大きくなりました。 
(海外からの個人輸入は不慣れな人にはあらゆる意味で不安なものですから・・)

購入方法は(株)エー・パワーにFAXにて注文、もしくはRoonee247オンラインショップにてサイトからの購入も可能です。(Rooneeギャラリーでは実物に触れることも出来るそうです。)

興味のある方は是非。

> トイカメラ。 : Zero69ピンホールカメラ : 紹介


情報提供: 安藤芳浩氏(株式会社エー・パワー 代表取締役社長)


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2005-04-22 (2003 ヒット)
ニュース/記事

トイカメラの王様、LOMO LC-Aの製造元であるLOMOロシア工場(Lomo PLC)の製造が止まったという悲しいお知らせです。

理由は、

1.経験のあるエンジニアやクラフトマンの不足により、450余りのパーツを手で組み立てるための労働力を確保できない。
2.上記の理由で製造コストが上がり、工場を維持できない。

ということだそうです。

今後のLC-Aの販売は現在市場にあるストック品のみの販売になるとの事で、価格も4月30日以降は上昇すると予告されています。

ただ、LOMOの魂を継承するために、ロシア、中国、オーストリアにあるロモグラフィックソサエティでは、LC-Aの技術を継承した新しい「ロモ」を開発・製造する予定とのこと。

新しいLOMOはもしかしたらデジタルかもしれません・・。
もっと小さくなるかもしれません・・。
長時間露光(多重露出)が出来るようになるかもしれません・・。

新しいLOMOがどんなだったらいいのか?をアンケートで募集していますので、興味があって、「こんなLOMOがいい!」という方は下記から回答してみましょう。ただし、英語で。

ONLINE POLL (アンケートフォーム) by Lomographic Society
(4月28日まで)

実は以前も同様の「工場閉鎖」がありましたが、その時はなんとか有志により救済されたようです。ただ、今回の製造中止のお知らせは、次世代LOMOを開発するという具体的後継対策が検討されているのでもしかしたら本当に製造中止されるかもしれません・・。

LOMOが欲しいけどまだ手に入れていない人はなくなる前に手に入れておいても良いかも。

詳しくは、
Lomo LC-A // the show is over // the show must go on

個人的追記:(4/24)
ロシアの工場が無理ならコストの安い中国で製造、ってのもあり?でも同じLC-Aでも中国製LOMOってのもちょっとしっくりきませんね・・。しばらくは様子を見守るしかなさそうです。


投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2005-03-08 (2199 ヒット)
ニュース/記事

雑誌 PhatPHOTO(発行:株式会社CMS・発売:ぴあ株式会社)の5-6月号は、
「ピンホールカメラ&トイカメラ&日光写真で40ページの大特集」
です。

ピンホールカメラを自分で作ろう。
巨大ダンボール・ピンホールカメラで遊ぼう!
初心者に安心!撮り方徹底マニュアル・・・などなど。楽しみな内容です。

もしかしたらこのサイト、必要なくなるかも・・。

しかも、3000円相当のピンホールカメラが付録で付くそうです。フィルムとか模様とか・・?なんか不思議なカメラがおまけで付いてきそうです。

4月20日発売で、価格は980円の予定。
置いていない書店が多い雑誌なので、気になる人は予約しておきましょう。



投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2005-03-06 (2255 ヒット)
ニュース/記事

針穴写真の愛好家を中心として、4月1日より京都にて「日本針穴写真協会」が結成されます。設立メンバーは京都造形芸術大の教員や作家、社会人などで、今後作品発表会やシンポジウム、技術指導、国際交流を行っていくそうです。
子供の「科学する心」を育むための教育活動なども進めていくらしいです。
ちなみに、会員になるには入会手続きと入会・年会費などが必要。会員になると様々なサービスを利用できるようになります。
しばらくは京都・東京中心の活動になりそうな予感ですが、それ以外の地域の方も興味ある方は参加してみてはいかがでしょうか?

日本針穴写真協会

「針穴写真」の魅力伝えよう 作家ら4月 京都で協会結成 (京都新聞)

トイカメラ。 ピンホールカメラ : 関連リンク集


« 1 ... 19 20 21 (22)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック