トイカメラに詳しいカメラ雑貨ショップ イコニガジェ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


ビギナーにおすすめ!
BONZART Lit
BONZART Lit

[デジタルカメラ]

BONZARTの人気トイデジ第2弾!

30万画素のCMOSで300万画素相当の写真が撮れるという変り種。

しかも撮れる写真はまるでオイルペインティングアートのようだというところが受けてます。

カラバリ豊富で見た目もCUTEなのが人気の秘訣。

Instax mini チェキ
Instax mini 8 チェキ

[フィルムカメラ]


ブーム再び!

携帯やスマホで写真を撮ることが多い最近、その場ですぐに現像して友達と一緒に楽しめるフィルム写真、『チェキ』が再び脚光を浴びています!

撮った写真をアルバム風に貼り貼りしたり、その場で友達にプレゼントするとすごく喜ばれますよ!
サイト管理/運営
各種お問合せはこちらから
iconiworks

このサイトに掲載されている記事および写真その他一切の無断転用・転載はご遠慮ください。
ToyCamera.INFO
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


デジタルカメラ
デジタルカメラ : BONZART Lit +(プラス) - BONZART Litに"+"(プラス)がついてバージョンアップ。
投稿者 : hide@imaimax 投稿日時: 2014-06-10 (2355 ヒット)
デジタルカメラ

手の平より小さいボディで、まるでオイルペインティングのような不思議な写真が撮れると人気の BONZART Lit(ボンザート リト)

昨年末よりメーカー欠品で欲しいのに手に入れられなかった方も多いこのカメラですが、バージョンアップして再登場です。

発売は6月16日の予定。価格は従来よりも値上がりしてしまいましたが、3,980円(税込)です。

BONZART Lit +(プラス)

カメラの基本的なスペック機能、カラーリングは従来同様。黒・赤・ブルー・ピンクの4色から好みのカラーが選べます。 

サイズ、外見も従来のBonzart Litと全く変化はありません。

BONZART Lit +(プラス)

変わったのは、まずパッケージ。
従来は小窓のついた紙製のボックスでパッケージングされていましたが、これが透明なブリスターパックに変更になりました。

BONZART Lit +(プラス)

また、BONZART Lit といえば、30万画素のCMOSで300万画素相当に補完拡大して撮影することでまるで油絵の具を塗りたくったような不思議な絵のような写真が撮れると言うのが魅力ですが、もちろんその楽しさは健在。

従来のカラーモード(スタンダード・白黒・セピア・赤・青・緑)に加え、新しくVivid(ビビッド)モードを搭載。 

トイデジによくあるビビッドカラーモードが追加されたことで、これまで以上にLitのトイカメラ感を楽しむことが出来るようになりました。

ただ、残念ながら価格が従来よりも少し上がり、消費税込みで3,980円に。
これは、部品の値上がりや税率の変更などによりやむを得ず製造コストが上がってしまったというのが理由のようですので、仕方ありません。 

その分、ビビッドモードが新しく追加されたということで、バーターしておきましょう。

 


印刷用ページ このニュースを友達に送る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック