トイカメラ。 | イコニワークス

Lomo’Instant Wide(ロモインスタント ワイド)

0

ロモグラフィーから、ワイドサイズのインスタント写真が撮影できるカメラ、Lomo’Instant Wide(ロモインスタント ワイド)が発表されました。 現在はロモグラフィー・オンラインショップ限定で予約販売を受付中。

2015年12月発売予定で、価格は25,800円(税込)~。

Lomo’Instant Wide

Lomo’Instant Wide は、通常のチェキ用フィルムの2倍の大きさの Fujifilm Instax Wide を使用するインスタントカメラ。 フィルムが大きくなる分当然カメラのサイズも大きくなってしまうわけで、もはや持ち運びに便利なカメラが・・などと言ってしまうアクティブなユーザーにはため息が出てしまいそうなほどのビッグサイズになっています。

Lomo’Instant Wide

ただ、オリジナルな本来のカメラというのはこういうもの、大きいサイズのフィルムでアナログな写真を存分に楽しみたいという方には、うってつけのカメラでしょう。

Lomo’Instant Wide

また、Lomo’Instant Wide の面白い特長として、シャッターリモコンにもなる 2つのシャッターボタンが搭載されたレンズキャップが付属。 「INSTANT」ボタンは、グループ写真やセルフィーなどの撮影時などに便利な、離れた場所からシャッター操作が可能。もう一つの「TIME」ボタンは、夜景の撮影やライトペインティングの際に長時間露光がリモコンで操作できるようにするもので、カメラに触れずに長時間露光ができ、手ブレ防止に役立ちます。

Lomo’Instant Wide

その他、別売のロモグラフィーから販売されている豊富なレンズシステムにも対応。風景の撮影にぴったりな ウルトラワイドアングルレンズ、10cmまで寄って撮影できる クローズアップレンズ や多重露光でユニークな撮影ができる Lomo’Instant Wide Splitzerなどでさらにクリエイティブな撮影が楽しめるようになっています。

12月の下旬販売開始予定で、現在はロモグラフィーオンラインショッピングサイトから購入予約を受付中。 カラーバリエーションも4種用意されていますが、本体のみの購入ではブラックもしくはホワイトの2色のみが選択可能になっています。

そのほか3種類のレンズがセットになったパッケージも用意されており、こちらは4色のカラーバリエーションから本体カラーを選択可能。ただし、カラーによって価格が異なりますので要注意です。

Lomo’Instant Wide

インスタントフィルムで本格的にワイド写真撮影を楽しんでみたいという方、是非 Lomo’Instant Wide をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

以下のオンラインショップから購入(予約)が可能です。

Lomo’Instant Wide 【ロモグラフィー オンラインショップ】

 

【カメラ仕様】

使用フィルム: Fujifilm Instax Wide フィルム (チェキWIDEフィルム)
露光サイズ: 64mm x 99mm
レンズ焦点距離: 90mm (35mm 換算: 35mm)
自動露出の種類: プログラム露出制御
絞り: f/8, f/22
シャッタースピード: バルブ (バルブモード)、8s-1/500 (オート撮影モード)、1/30 (シャッタースピード固定モード)
露出補正: +1/-1 EV値 (環境光)
フィルム排出機構: モーター制御
多重露光: 可能
内蔵フラッシュガイドナンバー:13
内蔵フラッシュ:発光モード、強制OFFモード
最短撮影距離: 0.6m
ゾーンフォーカス設定: 0.6m / 1-2m / 無限
三脚使用: 使用可能
シャッターリモコン通信方式: 赤外線通信
使用電池: 単三アルカリ乾電池4本 (4 x 1.5V)
シャッターリモコン使用電池: CR2032 リチウムコイン電池 (3V)
フィルター径: 49mm

Lomo’Instant Wide 紹介WEBサイト 【ロモグラフィー】

 

 




 

Comments are closed.

Translate »