トイカメラ。 | イコニワークス

Lomo’Instant Kyoto Edition(ロモインスタント キョウト エディション)

0

ロモグラフィーから発売されているインスタントカメラ、Lomo’Instantに新しく「京都」エディションが登場しました。

7月30日(木)から販売を開始、価格は 17,500 円(税抜)となっています。

Lomo’Instant Kyoto Edition(ロモインスタント キョウト エディション)Lomo’Instantは、FUJIFILM Instax miniフィルム(チェキ用フィルム)を使って撮影できるロモグラフィーのアナログカメラ。 すでに何種類かのカラー・デザインバリエーションが発売されていますが、今回はピーチカラーにフラワープリントのファブリックをあしらった本体デザインが素敵な、「京都」エディションとなっています。

日本の古都、京都をモチーフにしたデザインのこのLomo’Instant Kyoto Edition(ロモインスタント キョウト エディション)は、日本国内のみではなく、全世界のロモグラフィーにて販売されています。

カメラ本体の機能としては従来のLomo’ Instant と同様に、オート、フラッシュON/OFFの3つの撮影モードを搭載。長時間露光や多重露光など、実験的な撮影を可能にする機能が満載です。

Lomo’Instant Kyoto Edition(ロモインスタント キョウト エディション)セットには標準搭載のワイドアングルレンズの他に、3種類(魚眼レンズ、ポートレイトレンズ、クローズアップレンズ)のレンズアタッチメントが付属。また、レッド、ブルー、パープル、イエローのフラッシュ用カラーフィルターも付属しています。

デジタルカメラが当たり前の時代になって、逆にフィルム写真の良さを実感するユーザー続出。ロモグラフィーのインスタントカメラで夏の思い出をカードサイズに納めませんか?

Lomo’Instant Kyoto Edition(ロモインスタント キョウト エディション)

ロモグラフィー Lomo’Instantマイクロサイト
ロモグラフィー オンラインショップ
Lomo’Instantスペック:
-使用フィルム:FUJIFILM Instax miniフィルム
-露光サイズ:42×64 mm
-シャッタースピード:1/125s、B(バルブ)
-露出補正:+2/-2
-絞り:f/8、f/11、f/16、f/22、f/32
-フィルム排出機構:モーター制御
-内蔵フラッシュガイドナンバー:9
-フラッシュモード:自動発光モード、強制OFFモード
-使用電池:単四アルカリ乾電池4本
-レンズ焦点距離:48mm(35mmフルサイズ換算27mm)
-最短撮影距離:0.4m
-撮影距離設定:0.4m – 0.9m、1m ? 無限遠
-フィルター径:37mm
-三脚:使用可能
-ケーブルレリーズ:使用可能
-多重露光撮影:可能

 




 

Comments are closed.

Translate »