トイカメラ。 | イコニワークス

Lomography Cine200 Tungsten Film

0

ロモグラフィーから、美しく繊細な色彩を楽しめる新しいカラーネガフィルム、Lomography Cine200 Tungsten Film(ロモグラフィー シネ200 タングステン フィルム) の限定販売が2014年7月22日より開始されました。

価格は933円(税抜)

Lomography Cine200 Tungsten Film(ロモグラフィー シネ200 タングステン フィルム)
Lomography Cine200 Tungsten Filmとは?

タングステンフィルムとは、白熱灯などの光で撮影することを前提とした色温度のフィルムで、往年の映画などで使用されることの多かったフィルム。ただ、現像プロセスが少し複雑で、35mmフィルムカメラ等で使用されることはありませんでした。

ロモグラフィーでも、過去すでにタングステンフィルムとしたポジ(スライド)フィルム『Lomography X Tungsten 64』というのを発売していますが、これは撮影でも難易度が高く、現像してみるまでどんな色に仕上がるか読めないという、ある意味トイカメラ的遊び方が楽しめるフィルムでもありました。

今回販売される Lomography Cine200 Tungsten Film は、ネガフィルム。現像ももちろん通常のカラーネガフィルム同様、C41と呼ばれるプロセスで現像できます。
写りの特長としては、シャープ且つコントラストが強く、濃い色の発色が良い35mmフィルムとのこと。

世界で限定4000本、美しく色鮮やかな映画のワンシーンのような色彩を35mmフィルムカメラでも楽しめるというフィルム、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Lomography Cine200 Tungsten Film(ロモグラフィー シネ200 タングステン フィルム)

Lomography Cine200 Tungsten Film [ロモグラフィー]

 




 

Comments are closed.

Translate »