トイカメラ。 | イコニワークス

HOLGA がついに製造終了

0

トイカメラの王様(キング オブ トイカメラ)として、トイカメラ文化を牽引してきた、中国製チープカメラの代表格、HOLGAシリーズがついにその生産を終了し、ついにその33年間の歴史に幕を下ろしたというニュースが流れています。

1981年より、中判フィルムを使用する安価なカメラとして中国で販売が開始されて以来、主に西洋諸国で人気を博し、その不思議な写りのカメラに魅了されるファンを製造してきたHOLGA。 しかしながらFreestyle Photographic Suppliesが伝えるところによると、やはりデジタル時代を生き残るのは難しかったようです。

中国HOLGA工場のスポークスマンによると、「HOLGAの製造に必要な機材はすでに全て廃棄されてしまっており、もうすでに何も残っていない」とのこと。もう今後の製造が一切見込まれないため、現在市場に残っているストック品が完売した時点で販売も終了となります。

確かに最近ではフィルム写真を愛好するトイカメラユーザーが減少したためか、ネットオークションやヴィレッジヴァンガードなどの大型店舗でも投売り状態で販売されていたHOLGAですが、やはりというか、ついにこの日が来てしまったかという思いです。

HOLGA120

最近ではスマートフォンのカメラで撮った写真を「トイカメラ的」「HOLGA的」に補正して楽しむ、いわゆる「トイカメラアプリ」がトイカメラそのものだと思い込んでいるユーザーも多いのですが、本当のトイカメラ文化の一端はこのHOLGAから継承されたものといっても過言ではありません。

SNSやインターネットサービスで知人や他人に見せるためのトイカメラっぽい写真を撮るのも楽しいですが、この機会に是非「本物のトイカメラ」を再確認してみてはいかがでしょうか?




 

Comments are closed.

Translate »