トイカメラ。 | イコニワークス

チェキ人気上昇で販売台数がデジカメを上回る見込み

0

一昨年頃より、その人気が再燃していることをニュースでもお伝えしている、富士フィルムのインスタントカメラ 「チェキ」の販売台数が同社デジタルカメラの販売台数を逆転して上回る予想との記事が東洋経済ONLINEで掲載されています。

チェキ
デジタルカメラは販売台数が低迷していて、2013年のコンパクトデジタルカメラの世界総出荷台数が前年比4割減、スマートフォンに圧倒されて販売台数が急激に縮小してきています。

カメラメーカー各社はコンパクトカメラに限らず、最近ではスマートフォンに取り付けて撮影できる外付けのレンズ型カメラやwifi接続して撮影した写真をすぐにスマートフォンなどに転送して楽しめるカメラ等を投入してシェア回復を図っていますが、まだあまり市場には受け入れられていないというのが実態なのでしょう。

日本国内に限らず、どちらかというと中国・韓国などのアジア圏を中心に人気が再燃しているとのことで、その販売台数は、2008年度の25万台から2013年度は230万台と急拡大。本年度(2014)の販売計画は300万台とデジカメの販売台数を上回っているとのこと。

特に、フィルムカメラを知らない10代~20代の女性に人気があるということで、チェキを中心に最近ではフィルムカメラにも徐々に人気が伝播しているような感もありますね。

また少し、フィルムカメラ人気が高まるきっかけになるかもしれませんね!

チェキの販売台数、ついにデジカメを逆転へ [東洋経済ONLINE]




 

Comments are closed.

Translate »